トレーニング(社員研修)

研修プログラム名

シェアードバリュー研修(リスクマネジメント編研修)

標準実施日数

1~2日間【アクションラーニング対応可

標準受講対象

新入社員、若手社員、中堅社員、主任・係長、課長、部長以上

目的・ねらい

本来、企業活動を行う上では、共通認識を持ち、人によって、対応が変わったり、業務の品質に差異が出ることは好ましくありません。しかし、人それぞれが違う価値感を持って働いている中で、それぞれの場面で適宜判断し、行動することが求められます。本研修では、あらゆる業務のケーススタディをもとに判断基準や行動の違いについてディスカッションを進め、行動基準や価値感の共有を行い、相互理解を深めていきます。

【ケース例】
クレーム対応、情報漏洩、属人的な業務管理、リソース不足など(企業毎に個別設計も可能。)

特長
  • 多数のケーススタディに基づいた価値観・判断基準を議論することで、暗黙知とされがちな、価値観に触れ、相互を認知することができます。
  • 「自分だったらどうするか?」を徹底的に考察することで、あらゆる状況下における柔軟性や状況(情況)把握能力を身につけることができます。
  • イラストを交えてマンガを使ったケーススタディ集を用いることで自己投影しやすくなります。
  • あるべき行動基準や組織としてのガイドラインの設計にもつなげることが可能です。

TOPへ

研修・講演・取材のご依頼・お問い合わせ・メッセージ
無料セミナー・公開セミナー情報を確認する