アクションラーニング

アクションラーニングの流れ

一過性の研修実施で終わるのではなく、セッション毎に講師から出題される、実務に即した課題を業務現場で実践し、次のセッションに持ち寄ることで、実務投影をスムーズに図ることができます。研修での学習内容をOJTの中でなかなか活かせないというお悩みに対応した、各企業・団体様毎のオリジナルプログラム構成が可能です。

アクションラーニングで取り扱うテーマ

段取り力強化、タイムマネジメント、シェアードバリュー、主体性・当事者意識向上、業務改善 営業力強化、リスクマネジメント、チームビルディング、ファシリテーション、セルフモチベーション、チームモチベーション、行動分析・行動変革、マーケティング、グローバル人材育成、キャリアデザイン、ストレスコントロール、OJT担当者育成、CS向上、整理術、察知力・変化対応能力強化、職場の仕組み作り・マネジメント、ロジカルライティング、プレゼン資料作成プロジェクトマネジメント、ロジカルシンキング、問題解決思考強化、ビジネスコミュニケーション、メールコミュニケーション、ビジネス文書作成、プレゼンテーション、組織力強化、発想力強化、図解表現力強化、社会人基礎力強化
・・・etc

基本プラン

  • 実施回数
  • 2回〜
  • 開頻催度
  • 1週間〜2ヶ月に1回
  • 1回あたりのセッション時間
  • 2時間〜1日間

アクションラーニング事例

例@)大手メーカー様(対象:中堅社員)

2週間に1回の開催頻度にて、全5回実施。
忙しい現場社員の参加を促すため、毎回2時間程度、夕刻の時間を活用。

例A)飲食チェーン様(対象:若手社員)

1週間に1回の開催頻度にて、全10回実施。
OJTへの活用と講師講評をリンクさせるために、毎回のセッションにおける成果物の講師添削と上司による評価を実施。

得られる効果・特徴

  • 一過性のプログラムではなく、複数回の実施・課題の添削により、業務での自己投影や活用を促進することが可能となります。
  • 各回、OJTにおける課題の設定を行い、「分かったつもり」で終えるのではなく、行動して本質的理解を深めます。
  • 1回あたりのプログラム時間を短縮して実施することで、終日開催の研修のような長時間拘束による業務への支障を抑制することができます。
  • 人材育成投資の効果を最大化すべく、残業時間の削減や営業成績の向上など、独自の指標を設定してBefore/Afterでの効果測定・検証を行うことも可能です。
  • 複数回に渡るプログラムの中で、受講者の行動特性や傾向を分析し、個別アセスメントを施してフィードバックすることも可能です。ex):昇格時前研修での活用
  • コーポレートユニバーシティ(企業内大学)としての運営も可能で、従業員の自己啓発意欲を高める場、機会として、社内に定着化を図ることが可能です。